そろそろデザインを

廃れてしまった機能かもしれないけど。


DVDが出始めた頃。
いろんな視点から見られるぜ!みたいなのなかった?
カメラアングル1.2.3みたいな。

いまはそんな気分。
きっと今だけ。そのうち慣れて行くのも知ってる。






どんなきっかけだったかも忘れてしまったけど、角田光代さんの小説を乱買して乱読しているの。
女性作家は西加奈子さんがスゲー好きなんだけど。最新作の「円卓」は、関西弁の柔らかさを十分に
感じられる佳作だと。「きりこについて」と合わせてどうぞ。かわいらしい。

で、で、角田光代さん。
乱買した中の一冊が映画化される(された?)みたいで、なんとか公開中に…できたら至急観に行きたいと
思って。
そこで視点の話になるんだけど。

今までと入り込むキャラが違うんだな。

とりあえず早めに観に行きたい。なので出来る限り宣伝を見ないように。
そう、王様のブランチの映画コーナーってなんであんなにネタバレしまくるの??
原作読んでない映画は導入部分も知りたくないし、原作読んだ映画は配役を知りたくない。

主役の二人はいいとしても。
そこが小説から映像に行く人のつらい所。TV以外にも駅の広告とか。

ま、楽しみだけど。




DVDもなんだか買った。

「地球征服アパート物語」
「生き物のの記録」
「ウルトラ6兄弟VS怪獣軍団」






「地球征服アパート物語」
これはバナナマンのコント作品。



「生き物のの記録」
黒澤映画です。なんとも今のタイミングですけども。
一旦DVDで購入手続きしたのにキャンセルし、Blu-rayで買い直す。

白黒映画ってBlu-rayの意味あるの?

これが1955年の作品だなんて。人間の寿命の短さよ。





「ウルトラ6兄弟VS怪獣軍団」
はい問題作ね。そして記憶探しの旅。

薄らボンヤリの記憶。
たぶん2~3歳の頃に母親に連れて行ってもらった映画の記憶。
なんかアジアンな雰囲気。仏像とか、くねくねした踊りとか。
何よりも印象的だったシーンは、子どもがジープに引きずりまわされて死ぬシーン。

あとは…パンフレット買ったかも。
とりあえず気持ち悪い映画だった。



そんな記憶をどんな訳か数年前に友達伝に復元して。
さらに追い込んで、なんとDVDで入手。

要約すると。
円谷プロとタイの製作会社で作ったウルトラマン。

版権でもめて国内で流通せず。

一旦VHS化される。

タイ語の吹き替え版のDVDを海外から輸入。


言葉の意味は全く解らないけども、例のシーンはバッチリ!!!!


そんなタイのウルトラマンことハヌマーン。
映像だけで十分!!ラストは大爆笑。
ファンの間ではウルトラマンリンチと呼ばれているらしい。
そしてあの大日本人っぽくもある
ロマン過ぎて溶ける。



http://www.youtube.com/watch?v=FVrf1FwORzw
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

coita

Author:coita
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード