俺ットイアン

23時閉店の店。


もう一声。
もう一声営業する訳にはいかないか。
もう1時間延長してくれたなら。


そんな願いですよね。





ギブソンのギターを記念に買おうと思ったのです。
そのシリアルナンバーの事実をしって、だいぶ冷静になりました。
だからこそ狙いたい。

そんな無謀さですよね。





内に溜まる何かしらと、外で発されるもの凄いエネルギーの固まりを目の当たりにして。
もう少しの熟成を経たのならば行こう。





あっ黒田勇樹すげーよ。
今のうちにドウゾ。
なんか誰かに似てるんだよなー。だれだっけ?








スポンサーサイト

俺ムバックダレル

根元の黒さよ。




特筆すべき事も無ければ、忙しい話もないので、これと言ってtwitterなんかにも書く事も無く。
ほんのりnoTOKYOのリハをしたり。
後は家人に内緒で買ったエフェクターが、思いのほかダメでゲンナリした事とか。
更にはこっそりポチッたシャツが届きそうで届かないとか。
先週子ども産まれたりとか。
niccoリハでディレイ壊れたんだけど、叩いたら治ったりとか。
忘れた頃に発売されたこれ買ったりね。
あと?そーねー、都立大の立ち飲み屋がハードコア過ぎて、翌日OUTにされた事とか。
7分丈のT-シャツを増やそうか、どうしようか?そんな悩みも浮上。

夏に向けて買った節電対策のサーキュレーターがうるさい。し、風が強い事も悩みの種。
普通の扇風機で良かったんじゃないか説ですよ。
ミニマムが強過ぎる。悔しい。でも節電には協力したい。せめて足は引っ張りたくない。

買ったと言えばウォシュレット。
新居に入居したとたんに残置物のウォシュレットが壊れたので、しかたなく。
これはもはやナイトキモチワリーです。



あー、youtubeで「まんが日本昔ばなし」を!
結構怖い。そして新たな発見がたくさん。




結論としては、7月に復刻される「こえだちゃん木のおうち」は即買いだね!ってことでしょうか。


偶然を

いつも受け流していたニュースが変わる。


すごい変わる。
受け身の立場というか、目線というか。




外出中からの帰宅時。
駅を降り、あと家まで5分の道のりで急な腹痛。
このまま通常ペースで歩いては到底OUT。その旨を家人に伝え、一人走る。

内股で。

なんなら家目前からベルトを外し、鍵を手に持ち、玄関からトイレまでの行動を細部まで脳内自主トレ
する間もなく滑り込む。
ズボンをおろすが先か、座るが先か…。

全てが上手く行ったその時、トイレの神様はいるんだなと実感します。


おるんやなぁだっけ?






区役所にて。
よくマイナスな方向で「お役所仕事」なんて言いますが、僕はむしろ良く対応してもらった印象の方が強いです。丁寧だし、優しいし。
お祝いの言葉とかかけてもらえると、ちょっと目からタレが出そうになります。

って事でPCのCMに出ているアイドルの黒目が怖いって話は無しです。

砂漠でデザート

276日の不安定。



そして今。


薄らぼんやりだった僕の人生にこれほどの光が差し込むとは!


半笑いで出していたピッキングハーモニックスも朝露のごたるの艶模様。
不味いつけ麺屋でおなじみ武骨外伝も文句言わずに食うよ。
あっ、JESUS JONESの最終公演あるんだ!それは絶対行く!でもゲストは要らないけどな!
でもやっぱりTheMarsVoltaは嫌い。




なんかもう。
なんかもう。


しばらく寝なくてもいいや。










おロープ頂戴

The Mars Voltaが超苦手。



それを何とかおもしろく書こうとして2度も消してしまい、おもしろ例えや柔らかく回避する文章を
再び書くのが本当に無理なのでやめます。

いまさら使いこなせてないのも問題なのですが。


結果、角田光代さんの「予定日はジミーペイジ」の主人公がスゲームカツクってのと、The Mars Volta
がスゲー嫌いってこと。

それぞれ適度にフォローしたけども、消えてしまったから仕方ないね。



おっ、無駄を省くと意外と伝わる気がする。


3回目にしてこの文章が一番好きだわ。


そしてこれは強調して。


The Mars Voltaスゲー嫌い。

うっせーし。

ナパームデスの方が聴きやすい。









チューリップティーズ

肉が好き、でも5キロは食えぬ。


 
「八日目の蝉」を観に。
ふとした事から集中マークする事になった角田光代さんの小説。の映像化作品。
まだそんなに思い入れのある作家さんじゃないので、だいぶフラットな気分で。

甘かった。

小説にだいぶ引き込まれたのもあるけでも。
いまの、今だからこそのタイミングってのも手伝ったのかもしれないけど。

久しぶりにびしょ濡れ。

凄いなと思う。
あの端折り具合。そして足し加減。
思いのほか原作を損なってない。と思う。

あえて言うならちょっとだけ説明不足っていうか、読んでから来い感あり。





待ち時間にタワレコで。

FLEET FOX 「HELPLESSNESS BLUES」
この距離感を桃源郷と呼ぶのなら。
ジャケットのアートワークだけでゾクゾク出来るのも納得。
マスタリングも込みで好盤。


RIDE 「going blank again」
持ってなかったんだね。盲点過ぎた。
そして一番解りやすいRIDEなイメージ。聴きやすい。
なによりギターの音がいい。し、曲も相変わらずいい。とは言え世代の問題だとは思う。
「Mouse Trap」のイントロの音こそがギターの音。これは確か!


SLOWDIVE 「souvlaki」
今さらですいません。
なのでただただ全てがありがたい。懐かしのふるさと。


あ、薄味だったり素朴系の食レポのコメントで、「懐かしい味がする」ってのこれから禁止ね。
なんの捻りもない醤油ラーメンに対するコメントで多いとおもうんだけど。



BATTLES 「GLOSS DROP」

これは完全にゴメンナサイ。
音楽ってその時のテンション次第だね。
1stがあんまり入って来なかったから、とりあえず買うみたいな位置だたんだけど。

これはいい。

それは聴き方にもよるけど。
とりあえず、付属品以外のある程度遮音性のあるイヤフォン装着の後。
雨降る直前、もしくは曇り。湿気もモリモリ。
どういう嫌がらせか、外気よりも+10℃は行っている地下鉄の車内で。
ただただ満員で。ただただ折り畳まれていないベビーカーに圧迫されつつ。
草野球帰りのユニフォーム姿で足をブン投げ出しがっちり携帯いじりながら優先席に座る、もはやなんのフォローもしてあげられないオジサンに突き刺さる多方面からの殺視線にソワソワしながら。

とりあえず降りた駅で食べた定食の、しつこい程確認を取ったはずの固めに頼んだハンバーグの上の目玉焼きが、
激半熟だった時のBGMにぴったりです。


すげぇ。

合わせ技でHELMETの「betty」もどうぞ。



そんなかんじ。




あとはBIOHAZARD THE DARKSIDE CHRONICLES。

wiiの。

すげー面白い。
楽だし、めんどくさくない。
ゲームはあの程度の難易度がいいなぁ。
オートマのレースゲームみたいな。


それはそうと間近。








そろそろデザインを

廃れてしまった機能かもしれないけど。


DVDが出始めた頃。
いろんな視点から見られるぜ!みたいなのなかった?
カメラアングル1.2.3みたいな。

いまはそんな気分。
きっと今だけ。そのうち慣れて行くのも知ってる。






どんなきっかけだったかも忘れてしまったけど、角田光代さんの小説を乱買して乱読しているの。
女性作家は西加奈子さんがスゲー好きなんだけど。最新作の「円卓」は、関西弁の柔らかさを十分に
感じられる佳作だと。「きりこについて」と合わせてどうぞ。かわいらしい。

で、で、角田光代さん。
乱買した中の一冊が映画化される(された?)みたいで、なんとか公開中に…できたら至急観に行きたいと
思って。
そこで視点の話になるんだけど。

今までと入り込むキャラが違うんだな。

とりあえず早めに観に行きたい。なので出来る限り宣伝を見ないように。
そう、王様のブランチの映画コーナーってなんであんなにネタバレしまくるの??
原作読んでない映画は導入部分も知りたくないし、原作読んだ映画は配役を知りたくない。

主役の二人はいいとしても。
そこが小説から映像に行く人のつらい所。TV以外にも駅の広告とか。

ま、楽しみだけど。




DVDもなんだか買った。

「地球征服アパート物語」
「生き物のの記録」
「ウルトラ6兄弟VS怪獣軍団」






「地球征服アパート物語」
これはバナナマンのコント作品。



「生き物のの記録」
黒澤映画です。なんとも今のタイミングですけども。
一旦DVDで購入手続きしたのにキャンセルし、Blu-rayで買い直す。

白黒映画ってBlu-rayの意味あるの?

これが1955年の作品だなんて。人間の寿命の短さよ。





「ウルトラ6兄弟VS怪獣軍団」
はい問題作ね。そして記憶探しの旅。

薄らボンヤリの記憶。
たぶん2~3歳の頃に母親に連れて行ってもらった映画の記憶。
なんかアジアンな雰囲気。仏像とか、くねくねした踊りとか。
何よりも印象的だったシーンは、子どもがジープに引きずりまわされて死ぬシーン。

あとは…パンフレット買ったかも。
とりあえず気持ち悪い映画だった。



そんな記憶をどんな訳か数年前に友達伝に復元して。
さらに追い込んで、なんとDVDで入手。

要約すると。
円谷プロとタイの製作会社で作ったウルトラマン。

版権でもめて国内で流通せず。

一旦VHS化される。

タイ語の吹き替え版のDVDを海外から輸入。


言葉の意味は全く解らないけども、例のシーンはバッチリ!!!!


そんなタイのウルトラマンことハヌマーン。
映像だけで十分!!ラストは大爆笑。
ファンの間ではウルトラマンリンチと呼ばれているらしい。
そしてあの大日本人っぽくもある
ロマン過ぎて溶ける。



http://www.youtube.com/watch?v=FVrf1FwORzw

真昼のストレンジランド

パンが無ければケーキを理論で。


過日。
ワット数が小さくて大きな音が出ないのならば、マイクをたてればいいじゃない。
そんな新しいお友達も連れてniccoリハへ。
新曲も新しいお友達もいい感じ。ぶりっと。何よりもペダルとの相性も。それに乗せられて新曲でのプレイも。
110426_165523_ed.jpg




過日。
こっちはこっちで新しいお友達。
以前から方々で人気のあったペダルを導入してみたの。ただの流行モン。
noTOKYOの新曲リハにて。いいね。新曲。春だしね。浮かれたいじゃん。上京したての短大生みたいにさ。
これなー。
いいんだろうね。
ただ、自分の印象としては少しトレブリー過ぎるかなって。もっと明確に効くTONEがあったらなと。
自分の癖を知っている分、少し躊躇してしまう音域が出過ぎている印象。

なのに!

いつもと同じ環境で録音した音源を聴いてビックリ。
エッジとローの圧さが同居しているじゃないか。こもらず、シャリシャリせず。
なのにグリっとしたニュアンスもあるし、全体的にキラリと艶やか。

うーん。
いいのかもね。方々で賞賛される訳だ。

でもまぁ、これじゃなくてもいいペダルはたくさんあるしね。
なんと言っても解りにくいからおすすめはできないかな。

それも気分で。
110428_213743_ed.jpg



過日。
再開に賛否両論の否が一切でないでおなじみのランドへ。
まぁ、自分も行ったって事は否ではないって事。


今からの事は知らんけども

大型連休初日なのに過去行った中で一番空いてた

知らんよ、これから行っても。
だいたいの目安としては昼過ぎでホーンテッドマンション10分待ち。
これで解るでしょ?

おかげでだいぶ楽しめたし。
状況が状況なので、ハード系はパスしつつ緩やかなもの中心で。
そのおかげで初体験にして激鳥肌モンだったのが、ミートミッキー!

間違いない。
スターに会えた。その瞬間スターを独占出来た。
そら写真も買うわ。
緊張したなー。敬語になっちゃうし。


他にそんなスターいるか??って考えた時に。
なぜか山下久美子さんとジョンフルシャンテだったら同じ感じになるかもって思った。


って事は3大スターの1人に会えたって事だ。







最近学んだこと。
酔って毛を染めるもんじゃない。
あちこちに染材がボトボトと。
指先にも体にも。

朝起きて家人が血と間違えて絶叫。
それで起こされる目覚めたるや。
プロフィール

Author:coita
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード