幻の第161回

いやまいったねアゲイン!!!


後輩のピンチを救う先輩。
それってば素敵だし、内容もさすがのコンビネーション。
やっぱりゆってぃじゃ物足りないのか??
これはこれで素晴らしい放送でしたね。コミュも盛り上がりますし。




雨の降る金曜、恵比寿に闇ジンギスを食べに。
ラムチョップすげーな。でも北海道ってもっとすげーな。
看板なさすぎて。階段暗過ぎて。



その前の木曜。
本番前に要町富士○に行くという大失態。
当然胃は破壊され、飛び散るルーシーは洋服にシミをつくり、ニンニクまみれでライブハウスに
戻った訳です。
100225_182026_ed.jpg




胃薬を飲み、2時間ばかり安静にしてのぞんだ久々のsweettripのライブ。
僕は目の前のアームを揺らさずにはいられなかったです。
でも揺らすためにアームはあるので、揺らすべきギターなのだと。

池袋、この街には魔物が棲んでおります。
スポンサーサイト

VERY VERYのやつね

ヨーグルトのふたのアルミを舐めて舌をあり得ない角度で切りました。
なので常に口の中が血の味です。


そんな中、月曜にnicco氏のレコーディングをしてきました。
この日はギターダビング祭りだったので、出来る限りの機材を持って行った訳です。
その量たるや、短大生の引っ越しくらいの物量になってしまうのです。

でも今回、そんなの関係ねーぜとばかりの音質で録音していただけたので、報われたというか、
とてもしやわせでした。

ここ最近、録り音に全く納得出来ず、ちょっと疑心暗鬼になっていたのですが、解決しました。
この人達に間違い無し。
100222_192726_ed.jpg


そしてエンジニアさんの腕も間違い無し。
100222_192533_ed.jpg


足下の絡まり具合、間違い有り。
100222_192700_ed.jpg





出した物は戻さなければいけないのですが、まーそれが大変。
でもそのままにすると、寝室に行けなければトイレのドアも開かないという状況に。
頑張りました。超持ち上げました。




過日。
スワンソンのローシーくんが遊びにやってきました。
お互いのギターを弾き合い、酒を飲み、バナナマンのDVDを見、日村さんのだいじょーぶだぁーダンスのマネをし踊り狂い、
日村さんが飲んだコーラを吐く映像を見続けたところ、家人をブチギレさせてしまったので当分家では
禁バナナマン…っていうか禁日村さんになりそうです。スイマセンデシタ。



ということで今日は池袋RUIDOでthe SWEETTRIPライブです。
要町近いね。富士○?近いね。


寝て待った訳じゃない

雪がたくさん降りましたね。

でもすぐに消えてなくなりました。
それとは別の理由で電車は遅れ、ダラダラと間隔調整運行をするのですね。

それはそうと、なんたる体たらく。
別用で行ったタワレコに即買い必至のDVDが!
なんで教えてくれへんの?いつ発売したん?


blur 「NO DISTANCE LEFT TO RUN」



まだそんなに日は経ってないんでしょうか?
急いで観ました。その選曲たるや!!!
あの名作Live Foreverでのデーモンに悔しい想いをしてはや数年。
これは上がる。無条件で上がる。

だってあーた、グレアムだもの。
そしてもう一度、超神選曲です。


後はALOの「MAN OF THE WORLD」とVAMPIRE WEEKENDの「CONTRA」を。


にしてもCD買う量が減っている気がします。
いかん。それではいかん。



coita was hidden by the head

ちょっと落ち着かない数日。


ま、もの凄くプライベートな事でですが。



そんな中でも昨日はnoTOKYO初のレコーディング。
といっても今回の曲はギター無し。あっ、ベースもね。
どんな?って感じだけど、これが割と僕には衝撃でした。制作の手順が新鮮過ぎて。
僕はただ聴いて客観的にちょっと口を挟むだけでしたが、


まーーーーーーーーカッコイイです。
100214_144332_ed_ed.jpg






いい感じ。いい感じ。確実に動いてる感。




あっ、情報としてはnicco氏のマイスペに、2月5日の映像がUPされています。
ぜひ聴いてみて下さい。あっ、なぜ映像なのに聴いて下さいかって言うのは観てのお楽しみです。

神々の饗宴

ゴッドタンシークレットイベントへ。



これってば凄い事だと思うのですが。
ゴッドタンのDVD発売イベントに行ってきました。虎ノ門へ。
ニッショーホールって、日本消防協会ホールの略なのね。


ちなみにメンバーですが…
 
おぎやはぎ
劇団ひとり
バナナマン
東京03
松丸友紀

スペシャルゲストでみひろ。
凄すぎる。

オープニングで角ちゃんの「若者たちへ」聴けたのがすげー。


今回のイベントはキス我慢選手権のDVDイベントだったので、その流れでした。
神のメンバーで神番組の神イベントって事です。

あぁ、やっぱりバナナマンが一番好きなんですけど、なにげに小木さんキテマシタ。

なんか濃厚な2時間過ぎて、現実味がないせいか、いまだにポワ~ンってなってます。




水曜。

noTOKYOのアー写撮影第2弾。
今回は演奏シーンって事でスタジオへ。
だいぶ大掛かりだったけども、あれはとてもカッコいいと思います。
出来上がりはまだ見てないけどね。
楽しみ過ぎます。










バレンタインまでに骨折を

本とパン祭り。


我が家にホームベーカリーなる機械が現れた。
機械…いいね!
なんか粉とか入れると自動的にパンをこね、さらに焼くらしい。
というかもう食べたので、らしいではなく事実です。
さらにうどんやらピザやらの生地もこねられるらしいので、ただのパン祭りでは済まないのだ。

notザキヤマです。


あとは本か。
本屋にて、「うさぎドロップ」7卷と「ヒメアノール」5卷を。
凛ちゃん大きくなったなぁ。そして素敵な女性に成長していて、僕ぁとても嬉しい。
とても良い本なので、皆さんにお奨め出来ます。

が、ヒメノアールはキッツイね。相変わらずの展開。でもそれを愛している。
これはあまりおすすめしない。

そしてなぜか「ギャラクシー銀座」を読み直し。
二周目にしてやっと何か見えた。っていうか一気に読むとちょっと覚醒するというか、何か見える。
いや、見えた振りだね。本当は何にも解ってません。


小説だと、マーチダさんもニーシさんもヨーシダさんも新刊を出さぬものだから、四番手の作家を
見つけて読み漁っていました。
オークダヒーデオさん。「邪魔」「最悪」がとても面白かったので、「ウランバーナの森」「ララピポ」
「空中ブランコ」と読んで「港町食堂」というエッセイを途中まで読んでストップ。

あかん、エッセイは人柄がモロ出てしまう!
ギターマガジンの某エッセイでもその文体が音に現れている某人がいますし。
苦手だなー。そして怖いです。なんなのエッセイ。


ま、作品とエッセイは別か。
でもマーチダさんとニーシさんはエッセイも素敵。むしろ大好物!

気を取り直して鉄板「サウスバウンド」にさしかかりました。これは大丈夫そう。


それよりも「パレード」の映画か大丈夫なのか?

あっ、あと久々にsweettripでギター弾きます。
2月25日池袋RUIDO K3です。僕にとっては全部新曲です。がんばります。

素敵なストラップを買った 嫌いな楽器屋で

金曜。

niccoちゃんのイベント、ニコフェス10無事終了。
今回は50分の本編+アンコールと言うボリュームだったのですが、まったく
だれる瞬間もなくひたすら駆け抜けるようなライブだったと思います。
やっぱ新曲を一挙に3曲やるってのは、本当に緊張しますなぁ。その分アレンジも凝れたので、自信を
もって演奏出来たと思います。

何よりもniccoちゃんが浮き足立つ程楽しんでいたのが良かったね。
そして僕は本番直前のテンションが低ければ低いほど、本番の瞬発力がいいです。
チョロQ理論ですね。

打ち上げは深夜3時過ぎまで。久しぶりにメンバーや友達と飲めたので楽しかったです。



週末は穏やかです。
いらない服や靴をゴミ袋3つ分捨てました。これは寂しさ3割、すっきり感7割といったところか。
それでも収まりきらない洋服たち。そして新たに増える洋服たち。
それは楽器もしかり。ハードケース地獄です。

でもいいの。

新しいお友達、それ、欠けたパズルのピースのごたる。

the melancholic

寒いわね。

この始まり、2008年で終ってもう1年と少し。
彼らの後輩がこんな状況に追い込まれてしまうとは。
悲しい。そして怖い。




ここ数日。
というか先週から、nicco氏のリハの日々でした。
先日御茶の水で買った中途半端な大きさのエフェクトボードに、割かしいい感じに配置された
激重エフェクツを引きずって臨んでおりました。
が、謎の症状。
bufferの怪でシステムの壊。
エフェクトループに繋いだトレモロがヘニャへニャちゃんに。
全然解りません。これいかに?
100201_165015_ed.jpg



そんな些細な事や、あんな事や、んん-な事も解消して無事にゲネまでやりきりました。
なのでぜひ。

2月5日はeggmanへお越し下さいませ。




そんな僕、回り回って結局。
自分で言うのもなんだけども、最終的に最もナイスなジャッジメントが出来たんじゃないかと思って
います。
それは例の売ってないギター問題。

すでに解決しております。
しかも最良の選択で。
それはnoTOKYOで。noTOKYOで。


そんなnoTOKYO。
先ほど写真…カッコつけて言うとアー写。
そう、アーティスト写真なる物を撮影してきました。
100203_211851_ed.jpg

まー面白かった。
慣れていないの丸出しで。
あえて統一感は出してないけども、みんなでTOKYOを思い浮かべて撮影すると言う、イマジネーションフォトセッションになったのです。想像撮影って事。

確実にnoTOKYOは動き出しています。
想いがひとつずつ形になっている気がします。拙いながらもみんなでやってる感。
何だこの感じ?あぁ、これがバンドか。
プロフィール

Author:coita
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード